スポンサーリンク

うつによる悪循環

この記事は約2分で読めます。

うつ病は本当に困る。

今私は仕事をしていない。実家のお金があるから、余裕のある生活ではないものの、お金に困っているとも言えない。ゆえに今この時間のあるうちに勉学に励みながら、少しずつ鼻炎も治していって、ボイトレも頑張ればいいと思うんだけど、そういったことを全部ぶち壊して台無しにしてくるのがうつ病なんだ。うつ病のせいで、長い目で見て少しずつ自分を磨いて、ボイトレしていこうと言う決意を打ち砕かれる。うつ病は様々な活動を妨害する。

しかもそれでいて希死念慮が存在するのがうつ病だ。死にたいと思ってしまうわけだ。こんなにいろんな作業を妨害されて、その上死にたいと思うなんてとんでもない話だと考えてしかるべきだが、しかし死にたいと思う気持ちは「人生に何の意味もない」「自分に何の価値もない」と言う強迫観念というか思い込みによって引き起こされるものであるから、うつ病による日常生活のうまくいかなさと、希死念慮は、その根底においては同じ理由が流れ通っているように思う。

うつ症状のせいで日常生活に支障をきたす、すると仕事や家庭が失敗の連続になってくる、また何か目指すものがあってもうつ症状のせいで挫折してしまう、そして世間や家族からの風当たりも強くなり、ますますうつ症状は深まってしまう。こういう悪循環がある。

とにかくこういう状況どう打開していくか。第一にも第二にも、焦らないことであろう。

人生は長い。最後に勝てば人生の勝利者である。ゆえに今多少身動きの取れないような困難があっても構わないのだ。むしろそうした困難が、自らの人格を高みまで引き上げてくれるのだ。

とにかく焦らない、いつか必ず大逆転の時が来る。僕はそう保証したい。

共々に焦らず、最後に勝てばいいとの楽観主義で!

2+
ブログランキング参加中です!クリックしてもらえるとありがたいです!
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました