スポンサーリンク

血行が良くなると一時的にでも体調がマシになる

この記事は約1分で読めます。

今日気づいたことは、風呂上がりとかお酒を飲んだ後とかに気分が良くなることから考えて、まぁ今までも分かっていたはずだったんですが、自分の体はほとんど常に興奮状態にあり、痙攣が頻繁に起こったり、体にこわばりがあったりして、血流が良くなるとそれらの症状がマシになるということです。

おそらく交感神経が常に優位になっているから、良くないんだと思います。でもこれを副交換神経を優位にすることってそう簡単にはできないんですよね。何かいい方法があればいいんですが、せいぜいやれることと言えば腹式呼吸と、毎日飲んでいるハーブティーを飲むことくらいです。

それとは逆にウォーキングして疲れさせたり、朝日を浴びて、夜にメラトニンが分泌されるようにしたり、そういう取り組みもしてます。あらゆる手段を講じてうつ病と対峙しています。

しかし、本当に難しい!あまり楽になることはない場合がほとんどです。うつ病というのは、自律神経がおかしくなる病気だから仕方ないんでしょうか。しかし、少しでも楽に生活させてほしいものです。

2+
ブログランキング参加中です!クリックしてもらえるとありがたいです!
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

コメント

  1. ケロディウス より:

    寝たい時に限って交感神経働くよね…(>_<)自分も日の光浴びて程よく運動して寝たい時に眠くなるようにするのは大事だなぁと思った!ただ最近は猛暑や台風の影響でその状態をキープするの本当難しい…けど負けずに頑張らなきゃと思う今日この頃(;´ω`)

    0
タイトルとURLをコピーしました