スポンサーリンク

ちゃんと患者の話を聞いて薬を処方してもらいたい

精神疾患
この記事は約2分で読めます。

こんばんわかめ~(*-∀-)/~

よく考えてみると、前々回受診(7月26日)までは夜全然眠れなくて苦しすぎて悩んでたんですよね。そんなことすっかり忘れてました。あれだけ苦しんでいたのに忘れるって事は、すぐ次の苦しみがやってきたからだと思います。いやほんとに苦しかったんですよ、あの不眠地獄…

それを考えると今は眠りに関しては特に悩んでないのでありがたいと言えばありがたいですね。本当に薬ってすごいなって実感します。これがなかったら寝れてないんですもん。

睡眠導入剤だけを処方するってダメですよね…だってその短い効果が切れるまで起き続けてしまったらもうずっと寝れなくなっちゃうんですから。いや睡眠導入剤の効果が効いている間に寝ろよと言われれば確かにそれまでですが、効果が弱くて入眠できないって結構あるんですよね。それか相当強い効果の睡眠導入剤なら大丈夫なんでしょうかね、僕のが弱かっただけなのか。

睡眠に関しては悩んではいませんが(まぁ日中の眠さがすごいという悩みはありますが)、今は今で苦しみがあります。この何もしてなくても苦しい感覚、なかなか説明はできないんですが、倦怠感というかだるさというか、これがもう最高に気持ち悪いです。人生にこんな苦しみがあったのかと驚くほどに…

絶望感が凄まじいんですよ。何してても楽しくないし。今の薬が合っているのかどうかもよくわからない。

やはり患者の話をちゃんと聞いて、きちんと分析した上で、薬を処方してくれる先生が一番ですね。もっと薬の処方にはシビアになってもらいたいものです。

0
ブログランキング参加中です!クリックしてもらえるとありがたいです!
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました