スポンサーリンク

過敏性腸症候群について(数ヶ月腹痛と吐き気が治らない人必見)

この記事は約4分で読めます。

さて、こちらの記事で過敏性腸症候群になったことについて記載しました。

お久しぶりです。近況報告。休職と復職

もう少し詳細に書こうと思います。

就寝時の鋭い背中の痛み

最初に異変を感じたのは、寝ている時に背中がズキズキと痛くなることでした。もう2~3ヶ月前ですかね。起き上がると少しましになるのですが、横になるとまた凄まじい背中の痛みで、寝ていられないのです。そのせいで夜中は何度も起きたりもしました、こんなんじゃ仕事に行けません。

他にも、吐き気が強かったり、ゲップとおならがやたらと出たり、下痢のような便秘のようなよくわからない症状がありました。

それですぐに内科に行きました。背中の痛みと胃腸の調子の悪さと、関係はないものと思っていましたが、医師によると「お腹がガスによって膨張することで背中に圧迫感を与えて痛むことがあります」というような説明を受けました。

関連性があったんだ、と驚きました。別々のものではなかったことに安堵を覚えました。

それで処方された薬を飲んでみたのですが、背中の痛みは確かに消えましたが、それが今度は腹痛になり、結局前とあまり変化はありませんでした。

今度は寝てる時に腹痛がひどく、また目を覚ましてしまうというような状態でした。

いろんな病院を転々とする

薬を飲んだら良くなると聞いていたので、しばらく病院には行かなかったのですが、やはり良くならなかったので、再度内科を受診したところ、別の病院での検査を促されました。

そこでは採血をやったんだったか、はっきり覚えてないんですが、確か原因はカンピロバクターではないかなどと言われました(結局これは誤診でした)。

その後またしばらく様子を見ていたのですが、症状が回復しないので、ゴールデンウィーク中でしたが、急遽別の病院で診てもらいました。

その病院ではエコーの検査とレントゲンを撮ったのですが、余談ですが、このエコーの検査が最高に拷問でした。こんなに苦しい検査があるものかと驚きましたよ。僕はくすぐったいのが非常に苦手なのですが、わき腹やお腹の色んな角度からすごい力で何か丸い器具を押し当てられるんですよ。これがもうくすぐったいし、痛くて痛くて。採血なんかよりずっときつかったです。

さて、それでも異常は見つかりませんでした。次回は胃カメラをやりましょうと言われたのですが、そこの病院だと不安だったので、また更に別の病院で胃カメラをやることに決めました。

過敏性腸症候群と診断される

そして、胃カメラの為の病院に行くのと同時に、心療内科の方もかなりのヤブ医者で、一番最初に大阪で通っていた心療内科に戻ることを検討していました。

今のところ、この両方とも正解だったと思っています。

胃カメラのために受診した病院で問診を受けたところ、恐らくそれは過敏性腸症候群ではないかと言われました。家に帰って調べてみると、症状がピタリと一致していました。ようやくまともな診断を受けられたと喜びましたね。この時に過敏性腸症候群のためのイリボーという薬を処方されました。

それから2週間程たち、検査当日、胃カメラは鼻から通して検査したのですが、胃カメラはかなり気持ち悪いぞと聞いていましたが、それほど気持ち悪くはありませんでした。鼻からだと嘔吐感もないようですね。それでもなかなか気持ち悪かったですよ、喉の中をチューブが通っているという感覚は。

胃カメラの結果、食道も胃の中も何の問題もなく、とても綺麗な状態だと言われました。このあと何も言われなかったんですが、おそらく過敏性腸症候群で合ってるということなのでしょう。1ヶ月分の薬を処方されましたが、それでも治らなければまた受診しようかと思っています。

過敏性腸症候群について調べたところ、鬱病と同じように1度かかるともう治ることはないらしく、なんとか症状がマシになる寛解を目指すしかないそうです。

鬱病にせよ過敏性腸症候群にせよ、こういう1度ハマると抜け出せない沼ってほんとなんなんですかね。残酷ですよね。

結局、採血の検査は合計で3回くらいやりましたかね…。注射嫌いなのに。

内科と心療内科の薬で一気に寛解へ

さて、今までの経緯を、転院した心療内科で伝えて、相談に乗ってもらいました。するとこれが効きますよと漢方薬を処方していただきました。

イリボーと漢方薬とその他胃腸薬、精神薬を合わせて飲んで寝たら、嘘のように体調が良くなりました。本当に薬ってすごいですね。

そんな感じで今に至ります。おそらく仕事も復帰できるかと思います。ゲップとおならは依然として全然とまりませんし、トイレに行く回数も多いですが、かなりマシになりました。

憂鬱さはセニランでなんとかかき消すことができます。

最後に今飲んでいる薬を記載しておきます。

  • 過敏性腸症候群用
    • イリボー錠5μg 朝1錠
      アコファイド錠100mg 朝昼夕3錠
      クラシエ桂枝加芍薬湯エキス錠(これだけ心療内科で処方) 朝夕2錠
  • 双極性障害用
    • クエチアピン錠25mg「EE」 朝昼2錠
      炭酸リチウム錠100「ヨシトミ」 夕1錠
  • 睡眠剤
    • クエチアピン錠100mg「ファイザー」 寝前1錠
      ゾピクロン錠7.5mg「サワイ」 寝前1錠
      ブロチゾラム錠0.25mg「トーワ」 寝前1錠
  • 頓服薬
    • セニラン錠5mg

    過敏性腸症候群について、何か情報を知っておられる方、あるいは同じような症状で困っておられる方は、よければコメントなどいただければ幸いです。

    1+
    ブログランキング参加中です!クリックしてもらえるとありがたいです!
    ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました