スポンサーリンク

ブログの表示回数を少し分析してみた。記事数増やせば閲覧数も増える?

この記事は約6分で読めます。

今、統計情報を年単位で確認してみました。今までやったことのない試みです。(なんでやらなかったのか後悔)

さて、見てみた結果…とりあえず画像を見てください。

僕は去年の2018年の7月からWordPressでブログを始めました。そこから最低100記事は書こうと目指して、とにかくブログを書きまくっていました(今は142記事投稿しているので100は優に超えています)。1枚目の画像の8月のところを見れば分かると思うんですが、青色が濃厚になっていて、毎日のように2記事以上書いていたのが分かります。

特に8月4日なんかやばいです、7記事も書いています。頭おかしいと思います。

薄っぺらい記事を書いてはダメだと学んでいたので、本気で考えた7記事だったと思います。

まぁこの頃はまだニートでしたから、時間がたくさんありましたし、絶対ブログで稼いでやろうという意欲もあったので、その意欲が8月の終わりくらいまでは続いていました。

でも2018年の9月からまず投稿数が激減してるのが分かると思います。

ブログを続けていくことが苦痛になってきました、苦痛というよりは、面倒くさくなったということでしょうかね。

何を書けばいいのか、記事の話題がもうなくなってしまってこれ以上書けないや、ということがあったと思います。

10月、11月、12月とだんだん投稿数がまばらになって、少なくなっていき、今年に入ってからほとんど記事を書かなくなり、画像には写ってないのですが、今年2019年の4月と5月はひとつも記事を書いていません。

なぜ記事を書かなかったのか。振り返るとそんな心の余裕もなくなっていたことと、もうブログに興味もなくなってしまっていたことがあると思います。あと、社会不安障害だったり、過敏性腸症候群だったりに襲われて、絶望感一色だったからですね。

過敏性腸症候群に関しては2~3ヵ月続いていた記憶がありますので、多分投稿が途絶えた4月くらいから苦しみ始めたのではないでしょうか。

今またブログを書く意欲に満ち溢れているので、なんで4月と3月に記事を一つも書かなかったのが後悔はしているんですが、まぁ仕方ないです、地獄の苦しみでしたから。

ブログで稼ごうなんて意欲が頭の中から一切消えていました。

さて、まぁそんなことはどうでもいいんですが、2枚目の画像を見ていただいたら分かる通り、2018年9月の表示回数が今までで最高だったことが分かります。

それもかなりダントツですね、ずっと閲覧数が伸び悩んでいるので、この9月の閲覧数は奇跡と言ってもいいです。

しかし、それはやはり2018年8月に記事を投稿しまくったことが原因ではないでしょうか。

あまりSEO対策とかよく分かってないんですけど、とりあえず良質な記事を多くなるべく多く書きまくることで、Google検索からの流入も増え、閲覧数が増えるんですかね。

1500近くの表示回数があったんだから、自分でも驚きます。こんなブログを見に来てくれたなんて。

でも2018年10月で閲覧数は一気に激減してますからね。記事を書かなくなったらもうそれだけで閲覧数は激減してしまうんですね。めちゃくちゃ怖いですね。

良質な記事を常に書き続けなければならない闘いであるようです。

2018年9月に主に閲覧数を稼いでいたブログ記事は今全然誰も閲覧してくれません。あんなに見てくれてたのに時が経つだけで見てくれなくなるんですね。内容じゃなくて投稿日時が新しいかどうかで記事を見てくれるかが決まっちゃうんですね…(いや、そうじゃなくて内容が薄いから古くなるだけで見られなくなっちゃうんですね。本当に価値ある記事ならずっと見てもらえますよね)

まぁでも記事の新しさって大事ですよね。いくらいいこと言ってても古い記事だと「これ信じていいのかな」ってなっちゃいます。

今、ブログ開始してからの収益の合計は7000円ちょっとなんですよ、たったの。約1年間続けて7000円…

なのですが、確か、2018年の10月か11月くらいの段階では合計4000〜5000円くらい、いやもっと収益があったかもしれません。

だからそれ以降の5ヶ月から6ヶ月くらいの間に1000円とかそれくらいしか稼げてないんですよね。

良質な記事を書くことについてですが、先程調べていたら、だいたいブログの記事1つ書くのに4時間はかかるよという人がいました。

そんなに自分はかかってたっけ?と思いましたが、もし記事1つに4時間かかるんだとしたら、仕事しながら良質な記事を何個も書くなんて、とてもできるようなことじゃないような気がしてきます。

しかしまぁ、去年の2018年の辺りを分析してみると、7月から8月にかけてまず、閲覧数が一気に伸びて、9月に激減しています。7月に始めたばかりなのに、とにかくブログを書きまくるだけで閲覧数はかなり増やすことができました。

だから、もし10月にもめちゃくちゃ記事を書きまくっていたとしたら、さらに閲覧数は増えていたかもしれません。(そしてさらに収益が増えていたかもしれません)

そう考えると惜しいことをしました。

しかしまぁ、書けない時期はうつがひどい時期と重なり、実際にうつに苦しみながらうつの記事を書くことは、リアルな生々しい説得力のある、また苦しみをそのままリアルタイムに伝えるという意味でも、インパクトはあるかと思いますが、うつで苦しいのに、冷静な頭で、皆が見てくれるような良質な記事を書くことは難しいかと思います。

何よりその意欲が削がれてしまいます。

ですから、もうかなりうつ病が寛解してきた今だからこそもう一度ブログの執筆に挑戦するチャンスではないかと思います。

今のところブログを開始した時からずっと考えている「うつ病」と「人生哲学」を主にテーマとして展開していこうかと考えています。

が、このテーマで需要があるのかどうかもよくわかりませんし、他にもそんな記事を書いている人はいくらでもいるような気もしますし。

テーマで差別化を図るよりは、記事の質の高さで差別化を図るしかないのかなぁ。

なんていうか、とにかく記事数を多くしていくことがブログで稼ぐことの鉄則らしいですけれども、そんなことをしてしまったら過去の良質な記事が埋もれてしまって見られなくなってしまうという危険性はないんですかね。それを去年からずっと思ってるんですけど。

検索とかで来てくれるから大丈夫なのか。

あとあれか、記事内に別の記事のリンクをたくさん貼っておけば、過去の良質な記事にも飛んでもらえるから問題ないわけですかね。

しかし記事の更新頻度を高めるだけで閲覧数が増えると言うのはどういう仕組みなんでしょうかね、よくわかりません。

とにかく書きまくろうと思います。そしてうつ病患者のみならずいろんな人を励ませるように頑張ろうと思います。

あと稼ぐことももちろん目指して。


追記:

読み返しながら考えてましたが、やはり記事の新しさって大事な気がします。いくら良質な記事であったとしてもそれがもう10年以上も前の記事だとしたら「この内容は素晴らしいように思えるが、もっと最新の情報が入っていて、この内容が正しくないことがどこかで証明されているのでは?」という懸念が出てきます。

そうすると、記事が古いという理由だけでも「この記事を読むのは避けておいた方がいいかも」という理由に充分になりえます。

反対に、どれだけ古い記事でも、いつまでも永遠に読み継がれ、読む価値が全く色褪せない文章などというのは、そうそう書ける物ではないでしょうね。

しかもそういう宇宙の核心をついたような内容というものは、書けたとしても、いかんせん現象の本質であるため、親近感がなく、難解であり、スっと心に入ってくる、というような内容にはならないような気がします。

最も新しい人が最も新しい背景の中で最も新しい言葉で語り、かつ心温まる記事でなければ、僕のブログの条件である「うつ病患者を励ます」だったり「人生哲学を深めて希望を見出す」というのが満たせないように思います。

真理はひとつでも、時代や文化によって表現方法は変わりますからね。

0
ブログランキング参加中です!クリックしてもらえるとありがたいです!
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました