スポンサーリンク

母親について(特に信仰面について)

この記事は約3分で読めます。

僕の母親は、強盛な信仰者です。

うちの家族はみんな創価学会員なのですが、まともに信仰しているのは母親と僕と妹ですね、父親と弟はアンチです。

特に父親の学会嫌いは異常です。あまり言わないようにしているようですが、実は文句を言いたくて仕方がないようですね。

僕が創価大学に行くことを決めた時も、猛反対して、母親に「俺の子を洗脳するな!」等々、散々な言われようでしたよ。

僕は自分で信仰することを決めたし、自分で創価大学に行くことも決めたのに。

でも、最終的には理解してくれました。今も一応は理解してくれています。理解してくれていることに対して感謝の手紙を父に書いたこともあります。

それはともかく、母親はずっと昔から真剣に信心を続けてきており、風当たりもきつく大変だったと思います。

でも、そのおかげで僕もこの信心に出会えたので、母親には感謝してもしきれません。

このことはなかなか他の人には分かってもらえないと思います。

まぁ妹も信仰はしているのですが、いかんせんずっと引きこもりで、声も出せないような状態なので、活動も全然出来ません。

僕が信仰を止めれば、母親は孤独になります。

他にも理由は勿論ありますが、それもあって僕は絶対に信心をやめたくはありません。母親が教えてくれた生きる道を貫こうと思っています。

僕が信心を始めたのは中三の時で、高校受験がうまくいくように祈り始めたところからスタートしました。

母親は僕に信心を強要することはありませんでした。中三の時にどうしても不安でどうしたらいいかわからなくて母親に相談したら「祈れば必ず叶うよ」と言われて、この母親が言うんだから信じてみようと思い、始めてみて高校受験を志望校に受かったので続けるようになった次第です。

本当に僕の母親は立派な素晴らしい母親です。尊敬しかしてません。

僕のうつ病に対しても、本当は偏見があると思うんですが、それと懸命に戦って僕の事を理解しようと頑張ってくれています。

家族みんなの幸せを毎日本気で祈ってくれています、だからあんな風に軽率な発言は控えて慎重に相手の気持ちを尊重して思いやりのある発言ができるのだと思っています。

家族で一番尊敬できるのは母親です。

でも父親のことも尊敬しています、今日まで経済面で助けてくれたり、家族を守ったりしてきてくれました。

母親はいつも明るく楽しそうに話をします。ジョークも連発します。でも、ちょっとそれが寒くて僕はついていけないところもあります(笑)

滅多に愚痴も言いませんね、そこも素晴らしいと思います。ほとんど怒ったり泣いたりもしません。

だから逆に負の感情を溜め込んでいるのではないかと心配ではあります。なので、いつも大丈夫かどうか、仕事はうまくいっているのかどうかよく聞いています。

母はよく胃を悪くします。それでよく寝込みます。

母が寝込むと家の中はめちゃくちゃ雰囲気が暗くなります。もう全然違います。

だから母が寝込むと気分が滅入ります、多分他の家族もみんなそう思ってると思います。

なので、今みたいに元気いっぱいな母親だとめちゃくちゃ安心します。

極力家事を手伝ってあげたいなといつも思っています、実際手伝ってます。

母親の自慢の息子になりたいですね。父親のことはあんまり好きじゃないので、自慢の息子になりたいとは思ってません(笑)

前は思ってました、でも最近不当に叱られてから、父親に褒められるのが嫌になりました。都合のいい時だけ褒めるので、自分の理想の息子に近づいた時だけ褒めるので、嫌気がさします。

その点、母親は本当に僕の意見を尊重してくれます。僕の馬鹿な夢の話もちゃんと聞いてくれて、絶対に実現するから頑張れと応援してくれます。

世の中にはいわゆる毒親と言われるような、そういう母親もたくさんいると思います。なので、僕の母親がこんなに素晴らしいという話を誰かの前ですることは少し躊躇します。

僕の母親がいかに素晴らしいか、こういう母親がいるんだと紹介したいなと思うので、これからもお話していこうかなと思います。

2+
ブログランキング参加中です!クリックしてもらえるとありがたいです!
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました