スポンサーリンク

雨の日など低気圧の日がつらすぎる

この記事は約6分で読めます。

うつや過敏性腸症候群になってから…

過敏性腸症候群を患ってからもう4ヶ月ほどでしょうか。

この3~4ヶ月、本当に本当に苦労しました。

特にその期間、それよりも前からその傾向はありましたが、本当に低気圧に弱いです。

「あ、低気圧になるな、そろそろ体調悪くなりそうだ」などとは全然推測しなくて、散々苦しんだくせに全然学習しないんですけど、めちゃくちゃ体調悪い時に限ってやっぱり低気圧なんですよね。

そのせいでこの3~4ヶ月の間、こう言っちゃあれですが、雨の日の出勤をほぼ避けられてます。

あ、これはしんどいダメだ出勤できないって日に限って外は雨なんですよね。

雨だから出勤するのが億劫で休むわけでは決してないんですが、体調が悪い日は決まって雨なんですよ。

なので、ろくな雨具を持っていなくて、レインコートも持ってないですし、雨の日は歩いていくしかないか、なんていつも考えながら、レインコートも買わず、なのに今日までやってこれています(さすがにそろそろ買います^^;)。

低気圧による体調悪化は幸か不幸か

僕は低気圧の日に体調を崩すことを必ずしも悪いことであるとは思っていなくて、気候が荒れる日に無意識にそれを悟ることによって、不用意に外出するのを避けることができるので、まぁある意味人間の進化の結果なのではないかなーなんて考えたりもするのですが。

しかしこれは本当に困ります。雨の日だって外出しなければならないことは当然多いです。特に仕事を休むわけにはいきません。

なのに、非常にしんどい。うつになる前はここまでではなかったですかね。うつになってから低気圧に本当に弱くなりました。

これっていいことなんでしょうか、悪いことなんでしょうか…

低気圧と言っても、台風とかそれくらいの規模の気候の荒れ具合だったら確かに外出も控えた方がいいのかもしれませんが、雨程度で外出を控える必要性もそこまでないですし、外出を控えた方がいい気候であったとしてもそのぶん家で元気に活動したいわけですから、体調悪くなるのは困りますよほんとに。

うつが治ればこういう症状も治るんでしょうかねぇ。

なんとなく頭が重いなぁとか、なんとなくお腹痛いなぁとかじゃないんですよね。かなり体調悪くなる…

精神疾患とはいえ仕事せざるを得ない

うつになってから2年…もいかないですが、それくらいの期間は仕事を一切していませんでしたよ。とにかくうつを治すためです。

確かに良くはなりました、希死念慮も随分少なくなりましたし、あーこれはもう働けるかなぁなんて思いました。

それでも無気力はずっと続いていて、何をする気にもなれなくて、毎日なにもできない日々が続いていて、困っていたのですが。それで仕事を始めようと思った理由としては、この無駄に過ごしている時間を、せめて仕事をすれば、その分だけ給料に変えられるわけだから、どうせ無気力で時間を無為に過ごすくらいなら、仕事してみようと思ったのがきっかけです。

体調はまぁまぁ良かったので大丈夫だろうと安易に考えてはいました。

でも、仕事をはじめてからやっぱりなかなか体調を崩しましたね。結構悪くなりました。

そんなにストレスがかかる仕事でもないんですよ、なのに社会不安障害や過敏性腸症候群を発症し、QOLがガクンと下がりました。

いやーつらかったですよ。

でも仕事する前も後も、低気圧には弱かったです。

うつになってから1年以上、低気圧には苦しめられました。

まぁでも低気圧で体調を崩す程度ならまぁ仕事は出来るかなと思い、始めた訳ですけども。

なかなか過酷ですね。でも仕事しないわけにもいかない。お金の問題もありますし、というか、それが一番大きいんですが。

今だってずっと年金未払いだったのが、ようやく仕事することによって支払うことができるようになりましたし、保険料も父親の会社で払っていたものを自分で支払うことができるようになりましたし。

家族に養ってもらってうつを治療するのは大事だとは思うんですが、やっぱり働けるなら自分で働いて自分の人生に関わることは、自分で稼いだお金で解決したいなって思いはあって。

それが何とか実現できていることは、自分の中でとても充実感を感じていて、でもなかなか思うようにうまくいかない。

その一番大きな要因といってもいいのが、やはりこの低気圧の問題ですよね。

なんでこんな気圧なんかに左右されるようになったんでしょうか…

幸い今の仕事は休んでもそんなに迷惑かけない

今やってる胡蝶蘭の栽培の仕事は、やることが少なくて、仕事がなくなってしまわないか心配なくらいなんですが、なので休むと迷惑がかかるかななんていうことよりも、むしろ休んだ方が迷惑かけないんじゃないかなって思うくらいなんですよね。

その日1日分の給料は僕に支払われない訳ですし、どうせ出勤しても大した作業もしないんで。

僕も精神疾患でしんどいんでダラダラと仕事をしているんですが、そしてダラダラと仕事することを認めてくれてるんですが、だから仕事を休むことに対する罪悪感が少ないのはまぁ助かってますかね。

こういう好条件に恵まれたことは、本当にありがたいですし、ここに至ることができたことに対して周りの支えてくれた人とか、今の職場の人達に感謝は尽きないです。

結構自由に休ませてもらえるっていうのは本当にありがたいですよ。かなり重めの精神疾患なので僕は、この仕事じゃなきゃできない気がしますね。

というかまぁよくこんな仕事に巡り会えたなと本当に思います、でも普通に週5でほぼフルタイム(と言っても7時間)なのはちょっときついですが。

障害者雇用ですからね、配慮してくれてますし。

こんなに楽な仕事をさせてもらえている僕でさえ頻繁に低気圧で休みますし、うつで社会復帰するってめちゃくちゃ難しいなと思いますよ。

職場の人達もみんな優しいですから許されますけど、こんなんほとんど奇跡的で、他のうつ病の人たちみんな大丈夫かなって思いますよ。

僕みたいに低気圧に弱い精神疾患の人はクローズではきついかも

僕はもし病気を隠してクローズで働いていたら今よりも凄まじく過酷だったのではないかと思います。

結構重い精神疾患なので、クローズで働くのは無理ですね。

自分の精神疾患はかなり重いなという自覚がある人は、やっぱりA型作業所とか障害者雇用で働いた方が絶対いいと思います。

作業所とか障害者雇用の欠点としては、やっぱりほとんどフルタイムで働かなければいけないところが多いことですかね。

かなり調べましたけど、週3日から働けるような作業所とか障害者雇用はほとんどありませんでしたっていうか全くありませんでした。

ちなみにA型作業所か障害者雇用かどっちか選ぶとしたら、これは別記事でも書こうとは思うのですが、僕は障害者雇用をオススメします。でもこれは本当に僕の主観ですから、参考程度にお願いします。

A型作業所か障害者雇用か

まあ、そういうわけでどうしても週3から働きたいとかそういう場合は、やっぱりクローズでアルバイトでもやるしかないかなと思います。

僕は週5でやってますが、障害に配慮してくれるので、週休2日とは言ってもそこまで苦労は感じません。

むしろ休みの日の方が苦痛な感じがします、生活リズムも乱れますし。

あーまぁこのへんは別記事で書きますね。

障害への配慮ってかなり重要だなと感じましたので、クローズで働こうと考えている人は十分に気をつけてください。

もうね、ほんとつらいですよねうつは。人生終わりだと思いましたよ何度も。

もう嫌われてもなんでもいいんで、なんとかギリギリ生きていきましょう。うつを経験した人生は生ききれば後半で逆転して最高に楽しい人生になると思いますよ。

まぁ、お互いあんまり色々気にせずに楽観主義でいきましょうね。

0
ブログランキング参加中です!クリックしてもらえるとありがたいです!
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました