スポンサーリンク

A型作業所か障害者雇用か

精神疾患
この記事は約5分で読めます。
Twitter / アカウント凍結
ニュース速報、エンタメ情報、スポーツ、政治まで、リアルタイムでフォローできます。

僕はこのA型作業所(就労継続支援A型)か障害者雇用かどっちかめちゃくちゃ悩みました。

まず、A型作業所ってあんまりないんですよね。

東京の方とか都心だったらあるのかな。僕は大阪ですけど、確かに大阪市内の方には結構あるみたいですけど、僕は大阪と言ってもかなり田舎の方なので、A型作業所は全然ありませんでした。

一応住んでるのは泉州のとある市で、一箇所だけA型作業所はあるんですよ。

そこで1度だけ体験入所させてもらいました。

結果としては結論から言うと全然楽しくなかったです。仕事なんて楽しくないもんだと言えばそれまでかもしれませんが、僕が今までやってきた仕事は、あぁこれ楽しいなとか楽しくないなとか結構判断基準としてはあったので、その感覚として判断すると全然良くなかったです。

もちろん場所によると思いますよ、凄く楽しいA型作業所だってあると思います。

僕が感じたのは、障害者に対して配慮しすぎてて、というかなんていうんですかね……

一つの企業として経営してて、事業を進めてて、その上で障害者の手も借りるというのではなくて、あくまで障害者のためのサービスという感じなので、本当に楽な仕事しかさせてもらえないんですよ。

それはいいんですよ、今僕がやってる障害者雇用の仕事も楽な仕事しかさせてもらえません。させてもらえませんっていうか、楽な仕事をさせてくれるんですがw

ただ、こんな単調なことをずっとやってたらしんどいだろうなぁって思ったんですよ。

具体的にやってたのは、名札に紙を入れるのを延々と続けて言ったりとか、ホテルの清掃とかなんですけど、なんか楽すぎて。

楽な仕事しかさせられないという状況から、やっぱりやりがいは全然感じられなくて。お手伝いみたいな感じ。

こんな同じような単調なことをずっとやってたら発狂しそうだなと思いましたし、担当の人?はすごくいい人でしたけど、全体的な雰囲気も暗めでした。

あれって、もう本当にかなり重度な精神障害がある人だったら、多分作業所しかないのかなっていう気はするんです。

でも、企業の中で一翼を担って、自分にしかできない仕事を割り当てられて、そこで活躍して会社のために貢献している、という感覚がありませんでした。

まあやりがいがなかったんです。本当に。

反面、今の障害者雇用の仕事はとても楽しいですね。ある程度責任も大きくて、失敗するリスクも結構あって、その度に心が折れたりするんですが。(失敗というのは文字通り胡蝶蘭の茎を折ってしまうのが一番つらいんですが)

でも一つの企業として、僕もその中の構成員として、みんなで協力して売上を伸ばしていこうっていう一体感があるんですよ。

僕は働く上でこれが好きで、これを結構求めてるところがあって。

それが作業所にはあんまりないかなぁって感じました。

実際作業所では働いてないんで分からないんですけど、急な休みとか、仕事中の急な体調不良とか、その辺の配慮は多分作業所の方が高待遇なんじゃないかなとは思うんですけども…

でも、今の障害者雇用で雇ってもらってる会社もかなり配慮してもらっていて、1時間に20分も休憩がありますし、休みたい時には好きなようにソファで寝かせてもらえますし、メンタルの専門家が常駐してくれてます。精神保健福祉士ってやつですかね。

障害者雇用でいいか悪いかはやっぱり会社によると思いますね。

うつがかなり良くなってきて、そこそこ仕事ができそうだなと思ったらやっぱりそこは障害者雇用がいいんじゃないかなと僕はオススメしたいです。

ちなみにA型作業所前提で話進めてましたけど、B型作業所ってのもあって、そっちはもっと楽で、でも給料が工賃で、凄まじく低賃金なんで、本当に重度の精神障害で働くのが本当に困難であるという場合は、B型作業所の方がいいのかなと思います。

しかし、僕は障害福祉センターだったかな、そこで相談した時は「わかめさんくらいの元気そうな症状だったら、やっぱりお金をしっかり稼ぐのがいいと思いますし、A型作業所の方がいいと思いますよ」って言われたんですよ。(実際こういう場合の元気そうな症状っていうのは、単に僕が元気そうに振舞っているだけに過ぎなくて、実際はしんどいんですけどね)

だからA型作業所を探したんですが、いかんせん楽しくなさそうで、んで障害者雇用を探してたら、胡蝶蘭の栽培をやってますっていうところがあって。

胡蝶蘭の栽培か面白そうだなーって思って、まぁなんせ作業所より会社の方がなんかね、楽しそうなんですよ。

だからフルタイムだし6時間勤務だし、大丈夫かなーとは思ったんですが(実は実際あんまり大丈夫ではなくて、そのストレスのせいで社会不安障害を発症してしまったんですけどね)、でも最初は苦しかったですが、何とか乗り越えていくうちに慣れてきて、仕事も認めてもらえるようになって、色々と褒められて、今は仕事するのがめちゃくちゃ楽しいです。

楽しいんですが、、頻繁に休みますし、仕事中も体調が著しく悪くなることも何度もあります。

なんでもっとこう、楽に仕事させてもらえないのかと、気持ちよく仕事させてもらえないのかと、自分の体に苛立ちを覚えることも少なくはありませんが。

まとめると、

  • A型作業所は雰囲気が重めだったのとやりがいが感じられなかった。
  • 延々と同じことさせられるのが耐えられそうになかった。
  • 障害者雇用で、会社の中で一社員として活躍したかった。
  • 胡蝶蘭の栽培という業務に魅力を感じた。
  • 作業所の方が勤務時間が短いなどはなく、障害者雇用も同じような勤務時間だった。
  • 障害者雇用なら自分でしたい仕事を選べた。
  • A型作業所は数が少ない。

って感じですかね。それが障害者雇用を選んだ理由です。

まぁA型作業所は1日しか体験してないんで参考にならないかもですが、最後にうちのA型作業所は充実しているぞ、なんてのがあれば教えて欲しいですね。

あー、とは言ってもね、障害者雇用で雇ってくれる会社も全然ありませんでした。

精神障害者の雇用義務化されたのはつい最近のことなんで、それはすごくありがたいんですけど、ハローワークでかなり調べたんですけど、障害者雇用で雇ってくれる会社はほんの数件しかなかったですかねぇ。

どれもこれも微妙だなぁって感じでした。業務があんまり自分に合ってないような感じで。

だからindeedで検索したんですよ。そしたら僕の住んでる家の至近距離に障害者雇用で雇ってもらえる職場があって、ラッキーって感じで、受けたら受かって、今までやった仕事の中でも一番楽ですごい恵まれました。

indeedいいですね、僕は基本indeedでしか探してません。

Twitter / アカウント凍結
ニュース速報、エンタメ情報、スポーツ、政治まで、リアルタイムでフォローできます。

言いたいこと伝わったかなぁー、、

まぁあくまで主観ですので、参考程度に。

0
ブログランキング参加中です!クリックしてもらえるとありがたいです!
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました