スポンサーリンク

【報告】鬱でIBSの僕もITパスポート合格できました!(・ω・ノノ゛☆パチパチ

声優とIT技術者への道
この記事は約5分で読めます。

↑試験結果です。まだ合否出てませんが合格ですよねこれ。

いやもうほんとに、うつ病と過敏性腸症候群と闘いながらの勉強はきつかった。

ITパスポート試験に申し込むまでが大変だった

IT系の資格を取ろう取ろうということは、大学入った時くらいからずっと考えていたのですが、挫折に挫折を重ねて結局今まで一つも国家試験を取ったことがありませんでした。

前は基本情報技術者試験に合格することを目指していたのですが、ITパスポートに切り替えました。

何回か基本情報は目指しました。でも結局、1度も受験したことはありません。申し込んでお金払ったのに行かなかったことも多分あったと思います。(こういうお金の無駄を僕は今まで何回も繰り返してきました)

僕は情報学科の大学を出ている(嘘、中退)ので、ITパスポートの内容なんて簡単だし、持っててもあまり役に立たないと聞きますから、そんなものは受けずに基本情報から受けようかと悩みましたが、でも僕はうつ病で過敏成長症候群で、体と心が思うように動かなくて、基本情報の勉強をうまくできないかもしれない。そう考えると、段階的にまずはITパスポートの試験を取って合格してしまえば、もし基本情報で挫折した時も安心かなっていう理由がありました。

それで7月12日に申し込みを済ませました。

ITパスポートは簡単と言われるが、想像以上に難しかった

僕は今回受験費用以外にお金を一切かけませんでした。だから5700円しかかかってません。

ITパスポート合格するには?勉強時間は?勉強方法やサイトを紹介。 | はうまに!
ITパスポートは国家資格です。一度は聞いたことのある名前ではないでしょうか。 IT資格の登竜門とも言われていますね。 そんなITパスポートですが、実際に合格したので勉強方法や勉強...

↑こちらのページを参考にしました。

「ITパスポート 勉強法」で検索すると、公式以外ではこちらのページが1番上に表示されます。

最初からこのページで言われてるとおりに勉強しようと決めてました。だから参考書は要らないかなと。

でも迷いました。このやり方だとYouTubeにある5年前の全100回の動画を一通り見てから過去問解きまくるわけだけど、やっぱり少しお金かけてでも参考書買うべきか?動画だけで、しかも5年前のやつで大丈夫か?

結構悩んだんですけど、ITパスポートの参考書を調べてみるとどれも一長一短で、どの参考書にも大きなデメリットがあって、これだと参考書は要らないか、と思いました。

多分参考書読むより動画全100回見る方が内容は濃いだろうし、あとは過去問解くことに力入れればいいかなと。

しかしこの動画視聴がなかなかに厄介だった。本当に大変な思いをした。

動画っていうのは書籍と違って、復習したい箇所にパッと戻ってピンポイントで復習するってことができないんですよ。テキストに書き込むこともできないし、ページを行ったり来たりして考えながら理解を深めていくっていう手法も取れません。

動画内では「本動画のPDFファイルも用意したほうがいいかもしれませんね」と言っていましたが本当にそうしてほしいと思いました。というかそうしてくれ…(切実)

先に挙げたページでは全100回約13時間の視聴は長いので、倍速再生で視聴することをおすすめされております。

「いやいや、倍速再生なんかするわけないじゃん。頭に入んないし無理無理」と思ってたのですが、後半の追い上げはいよいよ試験日まで時間もなくなってきていたため、倍速再生で脳の処理フル回転で見てました。

人って、声を聞くだけならすごい速度でも聞き取れるものなんですね。

幸い僕はテクノロジ系には大学時代に学んだ素養があったので、まぁ何とか大丈夫でした。

多分ITパスポートだからよかったですが、基本情報以上の試験になってきたらこれはさすがにテキストを買ったほうがいいと思います。

動画一通り見たあとはとにかく過去問を解きまくった

ITパスポート試験の傾向として、過去問が出ないというのがあるらしいのですが、それでも過去問を解く以外にやりようがないので、とにかく過去問をひたすら解きまくりました。

これがもうなかなか難しくて、動画で視聴した内容と全然違う、初耳のワードとかも何回も出てきて、「まぁそりゃそうか、簡単になったらダメだし、難しくしてあるんだろうな」って感じで、とにかく解きまくってて。

んで過去問で模擬試験やってみたら、2回分の過去問でやってみたんですけど、両方とも合格点を超えてまして、それでかなり気が緩みまして^^;

でももうちょっと頑張って過去問解いて、試験に臨んで、晴れて合格って感じでしたね。

先ほども申したように僕はテクノロジ系とかあるいは計算問題に関して得意な部分が元からあったので、そこはあまり苦労しませんでした(というのは冗談で最初わからなさすぎて飛ばしまくりましたが)。

僕は2週間の勉強で合格できましたが、計算問題あたりが理解できていないと、結構勉強しないといけないかなって感じはしますね。

計算問題以外は覚えるだけでよかったので。

試験開始前と開始直後はものすごく緊張した

こういうガチの試験は久々だったのでめちゃくちゃ緊張しました。あとまぁ例によって、うつと過敏性腸症候群が併発してるのもあるので、体調も悪くて吐き気もしてお腹も痛くて、心の中で体調が治まるように必死に祈ってました。

試験開始からしばらくしたら体調も良くなってそこからは焦らずに問題を解くことができました。

でもやっぱり問題は難しかったですねぇ!

ITパスポートって全然簡単じゃないですね。

どこかのサイトで誰かが言ってたんですがほんとにITパスポートって全然簡単じゃなくて、その人はIT系の企業で長年勤めている人で、試しにITパスポートでも取ってみるかと思って取り組んでみたら860点しか取れなくて、専門的に業務に携わっている人でさえ140点も失点してしまうわけですから、ITパスポートがいかに難しいかわかると思います。

総合的な感想

何か小さな事務所みたいなところで、もっと大きいところで大人数でやるものなのかなって思ってたからちょっと拍子抜けというか、それが逆に安心しましたね。

受けた場所が大阪の堺市だからちょっと小規模だったのかもしれないですね。

パソコン画面でマウス操作で解いていくだけなので、お手軽な感じでした。

試験が終わったら即座に結果が出るから結構怖いですよ。

やりごたえのある試験でした、今度は基本情報技術者試験に向けて頑張りたいと思います。あとC言語ももう一度復習して習得し直したいと思います。

ブログと資格の勉強を通じてITの技術を磨いていこうと思います。

2年間うつで苦しんだ僕が、ついに国家資格を取ろうと決意して勉強も継続することができるようにまでなった。感慨深いものがあります。

わかめ
わかめ

いやーー、よかった。人生初の国家資格。嬉しい

0
ブログランキング参加中です!クリックしてもらえるとありがたいです!
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました