スポンサーリンク

【うつに無理解】父親にまたブチ切れた話

この記事は約6分で読めます。

毎度毎度父親には困らされていますが、また今日ブチ切れました。僕がですよ。

こんなこと思い出したくもないし書きたくもないんですけど、後から見て分かるように一応書いておきます。

僕、先週の月曜日からもう1週間仕事行けてないんですけど、もう本当に朝がしんどくて辛くて、どうしても仕事に行けなくて。

明日こそは行こう明日こそは行こうと何度も思うんですけど、朝起きると鉛のように体が重くて、どうしても出勤できない。

仕方がないからいつも通り休みの連絡をメールで送って返信を待たずに即寝るんですけどね。

でしかもこの休みの連絡を入れてからの睡眠が一番よく眠れる。夜は全然眠れないくせに…(;一_一)

あぁそれで、そういう状態が続いてたけども、明日こそは行こうと今日決意したんですが、今日またプリズンブレイク見てる時に、父親がなんか言ってんなと思って一時停止して耳傾けたら「最近仕事休んでるみたいやなぁ」って言われて。

んでまぁ父親のことだから期待はしないんですけど、ちょっとは体調のことを心配してくれるのかなと思って、本当は冷たい対応か無視をキメたいところなんですけれども「いやちょっとしんどくてなかなか行けなくて」って言ったら。

「未来のことも考えなあかんな、もう28やろ、なんとかかんとか…

はぁ???

全力で無視してやりました。即座にプリズンブレイク続き再生しました。

んでもうほんとにもう何回も何回も呆れさせられてるのでさすがに頭に来て、父親がどこかに行ってからですけど、スマホをテーブルにバァン!水筒もテーブルにバァン!!!ってやって。

それが父親に聞こえてたかどうかは分からないんですが、父親が玄関から出ていく音が聞こえて、車でどっか行っちゃいました。

んで何か知らないけどさっき鍵を壊したみたいな話を聞いて、俺がブチ切れたからそれで父親もブチ切れて鍵壊したのかなって思ったんですけど真相はわかりません。

なんていうのかな、なんで1ミリも心配してくれないんだろう。体調悪くて仕事行くの辛すぎて苦しいのに、なんで、ちょっとでも体調のことを気遣ってくれないのかなって、ちょっとでも「体調大丈夫か?」の一言でもいいから言ってくれないのかなと思って。

未来のことも考えなければいけない??考えてないわけないだろ、焦ってないわけないやん。毎日焦ってるわこっちは。

もう28歳になってしまうことも本当に嫌で、時が5年くらい戻ってくれないかっていつも思いますよ。自分でもこんな働けない体で30代迎えるとか嫌ですよ。そりゃ俺だって。

追い込むな。なんで追い込むの?ライオンの子みたいに崖から突き落とせば這い上がってくるとでも??

こっちはうつ病だって何回も言っただろう。お前の心ない言葉を浴びせるたびに俺は何回も死のうと思ったんだぞ。

まぁでもそういうことを逐一父親には報告してないし、僕が何を考えているか多分分かってないと思いますから、僕が伝えてないことも悪いのかもしれませんよ?

でも過去に本気で語ったことがあったけどあの時も全然分かってくれなかった。だからもう言っても無駄だなと思ってるし、下手に反論してまた逆鱗に触れてこっちのメンタルがやられるのも勘弁してほしいし。

しかもうつ病って目に見えて現れる症状じゃないから、なかなか理解してもらえないし、かと言って理解してもらおうと思って大袈裟にしんどそうに振る舞うのもおかしいでしょ?

おえぇ……しんど……うぅ……みたいにやるのもわざとらしいでしょ?

心配かけないように無理してんすよこっちは。しんどいけど、家族の前では少しでも明るく振舞おうと努力してるんですよ俺は。例えば足とか怪我してて、松葉杖ついてても、明るく笑顔で大丈夫気にしないでって言いたいじゃん。

僕はうつ病だけど、迷惑かけたくないからなるべく明るく振る舞いたいし、また一方ではわざとらしくしんどそうにするのも嫌なんですよ。プライドというかポリシーというか。

そうすると「あぁこの子は本当は苦しくてたまらないけど明るく振る舞ってるんだろうな」とは思われず「本当は元気なんじゃないか、うつ病とか言って言い訳して、ちゃんと仕事行けよ」と思われてしまう。

どうしようもない、どうすることもできない。だから理解してくれない人とは何とかして距離をとるしかない。

本当にしんどいんですよ、何をしても楽しくないし。

父親はいいですよ、確かに仕事は大変かもしれないですけど、釣りに行くっていう趣味もあるし、あれこれ大量に買い込んでくるし、そういう、生活の中に喜びが組み込まれてるんでしょ。こっちは全くないからそういうの。

何も楽しいことがなくて、なんにも贅沢しない、何も買わない、薬の副作用でお菓子食い漁るくらいしかない毎日寝込んで苦しんでいる俺が、なんで毎日人生を謳歌してる人にボロクソに言われなきゃならないのか。なんて理不尽なんだ。

この文章を読んでくださっている方の中にはもしかしたらいやいやお前が悪いんだろうつ病とか言って甘えてさ、シャキッとしろよ、と思う方ももしかしたらいらっしゃるかもしれません。別にそれでもいいです。僕だってうつ病の事を全然理解してなかったらそう思うかもしれません。

だからもどかしいってのもありますよね。無視してくれたらいいのに無視してくれない。もしかしたら本当に僕のことを思って忠告してくれているのかもしれない。もしそうだとしたらつらい。

ともあれ、父親には心の底から腹が立ってます。はらわた煮えくり返るくらいキレてます。

絶対この家を出てやろうと思いますし、そのためにはお金が必要…

入院費用も必要になるけど、絶対父親にはお金を出させない。全部自分でなんとかしよう。

うつ病で本当に苦しいのは一番問題なのは家族の無理解なんだなっていうのが本当によくわかります。痛感します。

ITパスポートに合格したことも伝えるべきか伝えないべきか。伝えたら多分父親は喜ぶんじゃないかなと思いますし、それはそれで嫌なんですよね…

父親は自分の息子の理想像に近づいた時だけしか僕を褒めません。だから、情報系の資格なんかとったら絶対父親は自分の理想の息子像に息子が近づくわけですから喜ぶでしょうし、そんなことで褒められても1ミリも嬉しくないです、むしろ虫酸が走ります。

もうあの頭の固い偏見だらけの父親をなんとかしてほしい。縁を切ってほしい。もう資金援助はしないと紙にでも書いて印鑑でも押して僕に突き付けてほしい。

そうしたら生活保護でも受給できそうなものなのに…いやまぁそれも無理かもしれませんがそうなったら自殺しますけど。

父親は面倒くさいことには首を突っ込みたくないのかな、理解できないことを理解しようという努力に頭を使いたくないのかな、多分。

まぁいいんですよ、これも人生。

もし家族みんながうつ病に理解を示してくれていたらそれはそれで面白くなかったかもしれない。味気ないうつ病闘病生活だったかもしれない。

こういう無理解の人に怒りをぶつけられるからこそ、こうやってブログを書くこともできますし、同じような苦しみに悩んでいる人に寄り添うこともできますし、だから、あながちこんな父親がいなければよかったと思うことも、そんなにないと言っていいです。

あの父親になんとしてもわからせてやるというのは一つの原動力になっていなくもないです。

闘おうと思えます。

将来金稼いだら、母と妹にはプレゼントやご馳走で喜んでもらいたい。憎き父親と、2番目に憎い弟には、恩はあるから、金だけ渡すけど、プレゼントとかそういう好意は絶対渡したくない。

そう心に決めて今日診察の帰りに母親の運転する車の中で煮えたぎってました。

0
ブログランキング参加中です!クリックしてもらえるとありがたいです!
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました