スポンサーリンク

入院開始1日目、精神閉鎖病棟

過敏性腸症候群(IBS)
この記事は約9分で読めます。

人生初の入院、それも閉鎖病棟

昨日はまだ入院するかどうか確実ではなかったんですが、と言ってもほとんど確実だったんですが、今日診察を受けて完全に入院することが決まりました。

最初に保証金として10万円も取られました。敷金みたいなもんで、退院時に返却してくれるらしいです。

一応ここは閉鎖病棟らしいです。

ただ、なぜ閉鎖病棟になったかというと、そういう症状だからではなく(僕の症状はうつ病過敏性腸症候群ですが)、単純に開放病棟に空きがないかららしいです。

なので、外出は自由なんですが、開放時間は9時から17時までで、公共交通機関を利用する場合は主治医の許可が必要になるらしいです。(まぁ使ってもバレないでしょう)

病院に入る時はかなり厳しく持ち物チェックが行われます。場合によっては金属探知機も使用されます。さっき入る時にポケットの中身とか全部見せたら金属探知機を使うまでもないということで通してくれましたが。

まだいまいち、病棟への入り方がよくわかってません。インターホンを押して誰かを呼べばいいのか、どういうシステムなのか…。いちいち誰か呼ばないと出入りできないのは面倒だなぁ…

あとシャワー室や浴室への行き方もわからん、わからなくていちいち緊張する。

ちなみにシャワーは週4回、浴場は週2回、日曜日だけはシャワー浴びれません。しかもシャワーも入浴も全部午前中しか使えないのよね。夜にしてほしかった…

携帯電話(スマホ)は持ち込み可だった!

あ、でもですね、前回の記事で話したように、病室への携帯電話の持ち込みが禁止されているというのは間違いでした。

でも確かにホームページにはそう書いてあったんですよ、通信機器は一切病室には持ち込めないって。

ところがさっき診断の時に主治医になる先生に聞いてみると、全然大丈夫ですよとのこと。母も横にいたのですが2人で喜びました。よかったよかった。

でも充電がちょっと難しくてですね、一応受付的なところ…何て言うんですかね、あ、ナースステーションか。あそこの前に無料充電器が置いてあって(携帯ショップとかドンキホーテとかに置いてあるようなパスコードロックで鍵かけるやつ)、そこで充電できるらしいんですが、そこの充電器に対応していないケーブルとか(iPhone5以降?)は自分で用意してナースステーションの中で誰かに頼んで充電してもらわなければいけないらしいんですが、iPhone5以降って多分全部Lightningケーブルで、さっき見てきたんですけど無料充電器の中にLightningケーブルもあったのであの看護師の言ってることは間違いなのでは…?多分このiPhone8も充電できるでしょ。

ただ、あそこで放置して充電するとその間このiPhone使えないので、できればモバイルバッテリーを充電しながら、iPhoneは常に使える状態にしておきたいんですよね。でもモバイルバッテリーはあの無料充電器の中に入らなさそうだなぁ、でかいからさ。(いや、よく見たら同じくらいのサイズだった。モバイルバッテリーってなぜか大きく見えるわね)

…あっ、違う…気づいた、Lightningケーブルも取り上げられてるからモバイルバッテリーの存在意味ないんだ……ちくしょう…

…というわけで先程、無料充電器のLightningケーブルにiPhone繋いでみた……ところが充電できない…!

わかめ
わかめ

あっ!担当看護師に見つかってしまった…!

「できます?やっぱり充電できないでしょ?」って言われて、はぁ…これはナースステーションでいちいちiPhone充電してもらわなきゃならんのか、睡眠アプリ使えねぇなぁと嘆いてて、ていうかなんでLightningケーブル持ってったらダメなのよと思ってもう一度よく話を聞いてみたら、Lightningケーブルだけは病室に持ってっていいみたい。よかったぁー…

病室で充電されるのを阻止するためにやってることなので、ACアダプタだけは預かりますが、Lightningケーブルは持ってって良いっていうことらしいです。そりゃそうよね。じゃあなんでLightningケーブル一旦預かられたんや…

ていうかなんで部屋で充電しちゃダメなんだろ、そんなことまで禁止されるのか…

なぜなんだろう…、だってナースステーションの前の無料充電器なら充電させてもらえるのに。iPhoneの充電なんて大して電気使わんやん。部屋で充電しててもええやん。あらゆるコード付きの高い電力を使用する機器は取り上げられるんだし、部屋にACアダプタくらい持ち込んでもええやん。何があかんの?

あ、ちょっとアフィリエイトやっとこ(暗黒微笑)

僕が持ってるモバイルバッテリーは下記ですが、これ結構いいですよ。使ってて何の問題もありません。残りの充電量もパーセンテージで表示されるからわかりやすいし、USBの出力メス端子が2つあるので、同時に2つの機器を充電できます。充電速度もめっちゃ速いし、フラッシュライトにもなるし、長年愛用しててオススメです。

ページが見つかりません

…と思ってたら2019年版が出てるらしいですね。僕が買ったのは2017年なので古いです。いいなこれ、iPhoneよりも軽くて小さいのに1.5倍の充電容量なのか、すげぇ。これに切り替えたい…

Amazon | 【2019最新版】モバイルバッテリー 大容量 15600mAh スマホ充電器 LCD残量表示 2つUSB出力ポート(1A+2.1A)急速充電バッテリー 軽量 薄型 旅行/緊急用 Android/iPhone/iPad対応 (ホワイト) (ホワイト) | モバイルバッテリー 通販
【2019最新版】モバイルバッテリー 大容量 15600mAh スマホ充電器 LCD残量表示 2つUSB出力ポート(1A+2.1A)急速充電バッテリー 軽量 薄型 旅行/緊急用 Android/iPhone/iPad対応 (ホワイト) (ホワイト)がモバイルバッテリーストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当...

病室は6人部屋

残念ながら個室ではありませんでした、と言っても別に僕は個室を希望してはいません。ここには6人まで入ることができるみたいですね。でも名札は5人分しかなかったので一つベッドが空いているのでしょうか。

これくらい人数がいる部屋で寝れる方が僕としてはちょっと安心です。

1人で完全密封された部屋で密かに寝るの悲しいんですよね。……え、俺にもこんな感情あるのか、やだなぁ一匹狼がいい((ヾ(>Д<*)/))ヤンヤン!

しかもさっきいきなり斜め向かいのベッドのおじさんから声をかけられました。そのベッドにいたわけではなくて、おじさんが病室に入ってきて、ちょうど僕のベッドの前を通る時に中にいた僕に気付いた時に。

なんて言ってたのか良く聞き取れなかったんですが、多分、

「おぉ、君、ここに決まったんか」

で、

『あ、はい、そうですね』

ベッドに戻るおじさん。話は終わりかと思いきやカーテン越しに、

「俺はここや」

自分のベッドを指すおじさん。話終わりと思ってたからサッとカーテンから顔を出す僕。

「このベッド(おじさんの向かい、僕の隣)の人はもうすぐ帰ってくるわ」

とのこと。

なんでそんな話をいちいちしてくれたんだろう、挨拶してくれたってことかな、新しく来る人とは仲良くしようと考えてる人なのかな。

ちょっと嬉しかったですね、安心しました。仲良くやっていきたいです。でも多分僕からは話さないです。話したいなぁ。

薬を少なくしていく治療方針

先程、主治医の先生に診断してもらったところ、やはり飲んでいる薬が多いのではないかということで、ここから少しずつ薬を減らしていって、あるいはもっと自分に合う薬を追加する(でも多分基本的にはかなり減らしたいらしい)方針でいくそうです。

薬を減らされると副作用の苦しみからは逃れられるのですが、やはり希死念慮とか絶望感とか無気力とかそういうものの心配は結構あります。

でもこの病院を紹介してくれた、今日まで3ヶ月ほどずっと通っていた病院の先生はやはりあんまり信頼できないのもあるのと、あとその先生以外(今入院中のここの主治医も含めて)全員薬少なくする方針だったので、多数決で考えてもやっぱり薬少なくする方が合ってるのかもしれませんね。

薬を増やすべきなのか減らすべきなのか一体どっちなんだ…

でも、4人中3人が薬減らすべきって言ってるんだからやっぱり減らすべきなんだろうなぁ。それで副作用の束縛から逃れられるならいいよな。うん。

一番の問題は入院費用。高額療養費制度が必須

さて、今いちばん頭を悩ませているのはやはり入院費用です。

ちょっと驚いたのは、限度額適用認定証の話を病院側からしてくれたことです。いわゆる高額療養費制度(高額医療費制度とも言うんですかね)のことなのですが、これはやっておかないとバカ高い金額を支払わされることになるんですね。

高額療養費制度を使えば、多分僕は月5万円くらいまで入院費用を抑えることができる(まだ分かりませんが)と思います、しかし食事代があるのでそこにプラスで41400円ぐらいかかるので、月に10万くらいはどうしてもかかっちゃうかな。

もし傷病手当金が認められたら、そこから5万くらいの収入を引くことになるから、結果として月に計5万位にまで負担は抑えられるかなとは思います。もちろんその計算でいけば僕の収入はゼロってことになりますが(´・_・`)

プロミスで30万まで借りられますから、単純計算でいけば6ヶ月くらいまでは入院できる計算になりますかね、でも他にも諸経費かかりますし、そもそも入院費が5万円じゃないかもしれないし…

高くつかないことを毎日祈ろう。

6ヶ月も入院しないよ絶対、うん。

色んな問題があって頭を抱える

部屋にACアダプタひとつも持ち込めない、職員に開けてもらわないと外出できない、入館する時は荷物チェックも厳重だし、金属探知機まで使う。窓は5センチくらいしか開かない設計、まるで刑務所みたいだぁ…。って、最近ずっとプリズンブレイク見てたから連想しちゃう、ヤバイヤバイ。

まぁ自殺防止のためだからね、しょうがないね。

孤独には慣れてたつもりというか、憧れてたつもりでしたが、いざ閉鎖病棟にぶち込まれてカーテン閉めて1人にさせられるとやっぱり寂しいですね。

何年も一人暮らしは経験したはずなんですが。

いやそんなことよりも、入院生活を経てちゃんと病気が治るのか。

治るまではいかなくても満足に仕事できるくらいにまでは寛解できるだろうか。治らない気しかしない。2年間治らなかったし。

でもここでは徹底的に睡眠や食事、薬の管理をしてくれているので、ある程度の治癒効果は絶対得られると思うし、これをきっかけに生活リズムも正せるのではないかっていう気もします。

いや退院したら絶対また生活リズム崩れるに決まっとるがな(´・_・`)

そんな風に考えていくと、なんで俺は入院してしまったんだろうってちょっと後悔してます。

いやいや、悩みに悩んで入院を決意したんだ、間違ってないはず。

今至って元気なのもなんか複雑。家や職場ではあんなにしんどいのに。

あぁあれかな、まだ入院したてで緊張してるから症状が見えないのかもね。

まぁでも実家ではプライベート空間なんかなかったからここは医者や看護師以外誰にも干渉されなくていいですね、大嫌いな父親にも会わなくて済む。

とにかくなんとしてもうつを治さないと。医者や看護師と真剣に話し合って治さないと。高い金出すんだから。

不安だ…身動き取れない、何も出来ない。いや、だからこそだ、だから入院したんだろ。満足に仕事行けなかったら職場にも迷惑かけるし自分も気が滅入るしお金も稼げないし趣味だって楽しめない。父親にも理不尽な言葉を吐かれる。

うつ病に対して今までで最高の手を打ったんだ、必ず良くなろう。

3+
ブログランキング参加中です!クリックしてもらえるとありがたいです!
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました