スポンサーリンク

入院2日目。早寝早起きできたし居心地もいいが、後悔もある

この記事は約10分で読めます。

生活リズム崩れてるはずなのに早寝早起きできた

いつも昼夜逆転の生活なのですが、そこを頑張って仕事がある日は無理やり朝起きるんですけど、体が重くて重くて、そして仕事に行きたくない気持ちもめちゃくちゃ強くてですね、まぁまたそういう気持ちが復活してきたのはここ2週間ぐらいなんですけど。週5勤務のうち週に1~2回しか出勤できなくなっちゃって。

それよりも前、かつ2月に仕事始めて以降は、過敏性腸症候群でお腹が痛かったりとか倦怠感があったりとか、そういう肉体的な症状のせいで仕事に行けなかった日が多かったんですけど、だんだんその身体的症状が治まってくるのに反比例して、また精神的な苦痛が大きくなって仕事を休むことが多くなってしまい、結果、入院に至ったわけなのですが。(別に入院しなければいけないほど重症というわけではないですけどね)

【障害年金】精神科医に入院を勧められた。死にたい人は入院すべき【希死念慮】
タイトルの「精神科医に入院を勧められた」理由は「死にたいから」ではありません。「薬の調整」等の様々な理由からです。ちょっとややこしいのですが読んでもらえればわかると思います。またどん底に突き落とされる今日診察に行ってきました。夜...

2月に仕事始めた当初は欠勤することなく毎日出勤できてましたからね。3ヶ月くらいはそんなに欠勤することもなく出勤できてたかな。

そこから過敏性腸症候群になって1ヶ月休職し、今はかなり体はマシにはなったものの、やはりまだ過敏性腸症候群の身体的症状も強いし、しかも精神的な症状まで復活してしまった。

それで昨日から入院してるんですけど、夜はもう21時には消灯してしまうんですよ。僕の生活リズムからしたらめちゃくちゃ早い消灯時刻なのに寝なきゃいけないのかって感じで。

で一応朝の起床時刻は6時ということになっていて、別に寝ててもいいんですけど、電気はつけさせてもらいますよということでした。

昨日21時に消灯した後、すぐに睡眠剤を飲まされてしまったのですが(看護師さんに渡されてその場で飲むしかなかった)、やっぱりすぐに寝たい気持ちにはならなくて、しばらく真っ暗なラウンジで本読んでたんですけど、なんか不思議とすごく眠くなってきまして。

いつもなら21時とか22時に眠くなるなんてことはまずありえないというか、むしろ目が冴えてくる時間帯なんですが(この昼夜逆転がどうしても直せない)、やはり電気を消されて周りが静かになったからでしょうか、実家だったらみんな起きてるから流されてしまうけどここではみんな寝てるからそれに流されたのか、そしていつもは効かない睡眠剤が効いたせいなのか(薬変わったのかなぁ、まだ教えてもらってないからわからない)、いつもだったら寝るよりも何か娯楽を優先してしまうんですけど、昨日はどうしても眠くなってそのまま寝てしまいました。

寝たくはなかったけど眠過ぎて仕方なく寝たって感じでした(そうじゃないと僕眠れないのよ、ついつい起きてしまうから)。

寝た時刻はアプリで確認すると23時でしたね。

それで朝6時に電気つけられたので一旦は起きたんですけどそのまままた寝てしまって、7時くらいに起きましたかね…

でも8時に朝食があるし、それの30分前に食前用の薬を飲まなきゃいけないので、もうそろそろ起きなきゃなぁと思って起きたんですが、いつも仕事を休む時みたいな倦怠感とか無気力感はなかったですね。

やっぱり早寝早起きが功を奏するんでしょうか…

それか仕事がないのがわかってるからメンタルやられないのか。めちゃくちゃホワイト企業なんですけどね、行きたくない理由なんかないのに。

やっぱり早寝早起きって体にいいんですかね僕は夜型だと思ってたんですけど、完全に。

でも朝型の人間と夜型の人間がいて、それぞれ対応しなきゃいけないなんて医学的根拠があるなら、病院が就寝時刻と起床時刻を一定に定めることもないでしょうし、やっぱり夜寝て朝起きるっていうのはどんな人間でも普遍的に必要な健康の条件なんですかね。池田先生も太陽と共に起きて太陽と共に眠るというリズムが大事だというような指導をされていたしなぁ、やっぱそうなのか。

入院したばかりで緊張してるから症状が隠れてるのかもしれない

でもやっぱりなんか違う気がするというか、確かにいつも仕事休む時みたいなあの起きた直後の絶望感や無気力感、倦怠感はなかったんですが、まだ入院して1日目だったから緊張してて無理してるのかもしれない。

いや別に緊張してないんですよ、でも無意識のうちに、やっぱり環境がガラッと変わったわけですから、体は無理をしているのかもしれない。

昨日はちょっと孤独感を感じたんですが、もう今日はさすがにそんな孤独感も感じなくなって、確かに誰とも喋ってないし、孤独といえば孤独ですが、別に誰かと話す気にもならないし、ひっそりと入院生活を終えてひっそりと退院したいと思ってるので、まぁ友達ができたらそれはそれで嬉しいですが年配者ばかりだし…

あと入院中の病院のシステムがいまいちよくわからなくて結構苦戦してまして。

今のところまだシャワーも浴びれてないですし、タオルは自分で用意しなきゃいけないっぽいんですけど、入院案内の冊子にはバスタオルとかフェイスタオルの横に金額がいくらみたいなのが書いてあって、これが借りる金額なのか買う時の金額なのかよくわからないとか…、あと病棟に出入りするのにいちいち看護師さんに伝えなきゃいけないのかどうかもよくわからなくてめんどくさくて外出も出来てないですし…

この辺は僕が聞いてないのが悪いんですよね、すみません(・ω-`;)

別にそんなに憂鬱でもないし、小型のチェストみたいなやつの上のところを引っ張ると机にもなってそこに本を置いて読めたりもするので、なんとなく勉強意欲とか読書意欲も増しますし、実家で住んでる時はプライベートな空間もなかったし、部屋はめちゃくちゃに散らかってるから勉強する場所もなかったし、ITパスポートの勉強をする時も大変だったし、だからこのスッキリとした(カーテンで仕切られてるだけですが)自分だけの空間があるのはかなり居心地がいいです。

これ入院した意味あったんかなぁ…

と言っても、なんか…入院した意味あんのかなって、なんかすごい後悔しかかってて

でも今のところ入院して良かったと思う点はめちゃくちゃあるんですよ。生活リズムも朝型にできそうですし、健康的な食事を三食取れてますし、うつを悪化させる原因の一つである父親からも離れられて落ち着いていられますし。

あと食前の薬って、食事の直前とかじゃなくて、食事する30分前に飲まなきゃいけないっていう中途半端な飲み方ですごく苦戦するんですけど、ここにいれば勝手に30分前になったら看護師さんが薬を持ってきてくれるので、それに合わせて薬を飲めばいいだけなので、飲み忘れもなければ、常に観察しながら薬を持ってきてくれるので、薬の管理がきっちりできるんですよね。

体温も常に計ってくれますし。まぁまだ最初の診察以降、先生の意見が聞けてないのと薬が今どういう組み合わせになってるのかもよくわからずに飲んでて不安ではあるんですけど、まぁ確実にうつ病回復にはいい効果をもたらしますよね。多分。

そしてこれは重要なんじゃないかなと思うことに、嗜好品とかジュースとかを一切摂取していないこともあります。栄養バランスがよく考えられた三食以外は今のところお茶と水しか飲んでません。

別に売店もあるし近くのショッピングモールに買い物もいけるし、病棟出るのが億劫でも病棟内に自販機あるし、お菓子でもジュースでも好きな物食べていいんですよ。いいんですけど、ここだとお茶が無料で手に入るし、せっかく栄養バランス考えて食事出してもらってるからもったいないなってのがあって、嗜好品には一切手を出してません、こんなこと可能だったんだ…。

ただ…それくらい入院しなくても自分でもできるよなぁとか思って…

早寝早起きにしても、食前30分前に飲む薬も、嗜好品を我慢することも、頑張れば普通に自分で家でできんじゃねぇの?と思うと何万円(というか多分何十万円?)も入院費用払う必要あったんかなって。その経済的な部分の懸念が僕の心を一番蝕んでいます。

経済的懸念がかなりメンタルを攻撃してくる

お金の心配を一切せずに入院できたらいいんですがね。

まだいくらかかるかも分かってないし、入院日数が長くなればなるほど金額も高くなっていくだろうからそれも怖いし…

しかもなんか分割払いできないみたいだから、高くなったらそんな一括で払うなんて不可能だし、どうすればいいんだろう…

今、会社の方で高額療養費と傷病手当金の手続きについて多分色々やってくれてるはずなんですが、それもどうなるか心配だし。

とりあえずあれですね、会社に入る時に会社の保険に入っておいてよかった。

選べたんですよ最初に。今のまま親の保険に入り続けるか、会社の保険に入るか。

僕は出来る限り親から自立したかったので、会社の保険に入ろうと思ってサインしたんですよね。でもそのせいで父親が手続きをしなければいけなくなって、僕がすぐに保険を勤務先のに変えたことを言わなかったから、父親がちょっと会社の人に叱られたらしくて(なるべく早く報告しなければならない義務があるらしい)。

(↓父親が厄介ですよっていう記事はこちら。保険の手続きしたくないってだけで僕に会社を辞めるなと言ってきた恨みは永遠に消えない)

入院することをどうしても父親に告白できない
入院を勧められ、もうほぼ決意している↑これでも書きましたけど、精神科の先生に入院を勧められました。理由は、 薬の調節がしやすい 薬と治療法を入院によって確定させれば、あとは退院してその方針で治療しやすくなる うつに無理...

だから父親にはちょっと迷惑かけたかなぁって(いう申し訳ない気持ちも、父親の理不尽な態度で消し飛びましたが)。あと親の保険に入っといた方が、僕がまだ自立できるところまで回復してないから、そのまま入り続けといた方が良かったかなって思ったんですけど、今思えば自分の勤務先の保険に入っておいてよかった、確か親の保険では傷病手当金がもらえないはずでしたし。

まだわからないんですけどね、今の会社で傷病手当金もらえるのかどうか。もらえなかったらかなり痛い。

まだ入院2日目だし、様子を見よう

入院しなければよかったのでは?という思いがもう何度も頭をよぎってますが、でもずっと通ってた主治医の先生は入院を勧めてくれたし、外来だけでは合う薬が見つからない可能性が高いから入院するのがベストと言われたし、それもすごく納得だったし、もし障害年金を受給するとしたら(もうほぼ不可能なのは確定してますが)入院歴も大きなプラス要因になりますし、父親からも逃れられます。

でもなぁ、今は病院に入院してるおかげで生活リズムも正せますし、栄養バランスの考えられた食事を三食きちんと取れますし、常に体調を見てくれますけど、結局退院して実家に戻ったらまた元に戻るんじゃ意味ないよなあと思うわけですよ…

入院を経て何が得られるのだろうか

この病院では退院後のアドバイスもしてくれるそうです、というか退院後の診察をこっちの病院に切り替えてやってもくれるそうですが、その辺は迷ってます。前の病院に戻って診察を続けるか、この病院で診察を続けるか。

できればこの病院で診察を続けたいという思いが強い(入院までしたわけですから僕のことを非常によくわかってくれてると思いますし)んですが、いかんせんここの病院は実家から遠いんですよね(´・_・`)

高いお金払って入院までしたのに何の意味もなかったらどうしよう。まぁそれはそれで「閉鎖病棟に入院したことがある」と言うことができたり、経験としても有意義だとは思います。

まぁともあれ、すごく居心地はいいですよ。

と言っても同室の患者さんには変な人が多くて、昨日の夜なんか僕の向かいのベッドの患者さんがだらだらとワガママなのか看護師さんに食いついてて何か揉めあってて、それで斜め向かいのおじさんが「うるせえよお前ら!」ってちょっと大きめの声で怒鳴ってて(これが結構怖かった)、そのあと看護師さんが謝りに行ってて、いやいや悪いのはそのうるさかった患者さんやん、看護師さん悪くないやん、と不憫な気持ちになってましたが、ていうかその怒鳴った人だって(実はその人は昨日僕に声をかけてくれて歓迎してくれた人だったのですが)、そんなキツい言い方しなくても…俺だったら「すみませんが静かにしてもらえますか」くらいに抑えるし、そんなキツい言い方ができてしまう神経もよくわからないんですけど、

とか言いつつ、そんなことも気にならないくらい居心地いいです。看護師さんみんないい人だし冗談言って楽しませてもくれるし。

人に恵まれたのはよかったです。一応この病院の退院の目処は、3ヶ月で退院を目指しているらしいんですが、僕は多分そこまで入院しなくてもいいと思います、長くて1ヶ月あるいは2ヶ月もいくでしょうか…

昨日はこんな僕でも割とちょっとホームシックになったんですが、今は大丈夫です。

あんまりご飯美味しくないですが、まぁ頑張ります。

わかめ
わかめ

あーこれ絶対そのうちお菓子食い散らかしそうだわ

0
ブログランキング参加中です!クリックしてもらえるとありがたいです!
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました