スポンサーリンク

入院4日目。風呂に入れてないから汚い

この記事は約6分で読めます。

もうシステムにはかなり慣れた

とにかく朝が早い。本来は朝8時に朝食って冊子にも書いてあるのに、今日なんか7時半にはもう朝食の手配がされていました。

7時半に看護師さんに起こされて、あぁ朝食30分前の食前の薬を持ってきたんだなと思ったら、「もう朝ごはん用意してありますので〜」

わかめ
わかめ

はえぇよ

寝ぼけ眼でラウンジに行って、質素な朝食食べました。今日はパン1個小さな牛乳パック1つヨーグルト1個でした。

これで460円はさすがに高ぇよ…

不思議と夜は早く寝れる

朝起きるのは元々苦手なので、やっぱりズルズルと寝続けてしまうようになってしまうことは予測済みでしたし、夜もどうせ早く寝れないんだろうなぁと思ってました。

ところが夜はなぜか早く眠れる。

この前もブログで言いましたが、やっぱり環境がそうさせるのでしょうか。21時には消灯され、静寂と暗闇が訪れ、みんながもう眠りに入っているので、自分ももう寝なきゃなぁという気になってしまいます。

いや、それよりもやはり体調が悪い。体調が良いと夜更かししてしまう傾向はかなり高い。でも最近特に夜が体調悪い。こんなに夜体調悪かったっけ最近…??

やっぱり僕は、もう消灯時間だし早く寝ようと思ってるから早く寝るわけではなくて、体がだるくてどうしても寝ざるを得ないから早く寝るんですね。意識改革は全然できてない。

21時前に睡眠剤を飲まされるのが、あれが効果的なのかなぁ…

いつも睡眠剤は効かないのに、なぜか入院してからはとてもよく効く気がする。

なぜだ、なぜ早く寝れるんだ…

初めての外出

僕は一応閉鎖病棟に入院してますが、任意入院患者なので自由に外出はできます。と言っても門限はかなり早く、17時までには戻ってこないといけません。

でも、仮に門限がなかったとしても、17時半には食前の薬を飲み、18時には晩ごはんがあるので、必然的に17時半までには戻ってないといけないんですけどね。

18時に晩御飯っていうのも今までの僕の生活リズムからしたらかなり早いです。それで21時には消灯で翌朝6時には起床なんだから、生活リズムが今までの実家での生活の3時間くらい前倒しになってます。

外出するシステムがよくわからなくてなかなか外出するのに躊躇してて、でも昨日初めて外出しました。外に出るのは誰の許可もいらず、勝手に出ていいみたいですが、中に入る時にはインターホンを押して荷物チェックがあります。

この荷物チェックは、実際はそんなに厳しくないです。一応金属探知機を使ってチェックすることにもなってますが、今のところ使われたこともないし、極端に言えば仮に財布の中に刃物が入っていたとしても多分気付かれないと思います。これが財布ですと示せば中を見られることもないですしね。とは言ってもカバンの中やビニール袋の中の一品一品まで一応は調べられますが、別にそれは厳しいなぁとは感じません。

でも多分これは任意入院かつ持ち物自己管理の僕だから許されてるのかも。

重度の精神障害者になったら、もしかしたらかなり厳格に金属探知器も用いて持ち物チェックをするのかもしれません。

近くにショッピングモールがあるので、立地的にはかなりありがたいです。徒歩でどこかに行くなら許可なく外出していいんですけど、公共交通機関を使うなら許可が必要なんですよね。

昨日は百均でタオルとコップと綿棒とウェットティッシュを買ってきました。タオルを借りるのも有料だし、コップも用意してくれてませんので、自分で用意するしかありません。タオルが必要だってホームページに書いてあったらちゃんと事前に用意したのにもう(´・ω・`)

コップも蓋まで耐熱性のやつが欲しかったから、探してたら蓋がちゃんと閉まらない、ただ上にポンとのせるだけの蓋付きのコップしかなくてちょっと残念。

立ち読みとかもしてたら凄い速度で時間が経ってて、門限ギリギリに病院に着きました。

外出するのは楽しかったけど、やっぱり体調も悪いし気分も重いです。

もう4日はシャワー浴びてない

今日が16日の月曜日、13日の金曜日に入院したから、その前日の夜にお風呂入って以降、シャワー浴びれてないんですよね。

もともと僕は凄まじい潔癖症だったので、こういうことは耐え難いのですが、今はもう潔癖症はほとんど治ったので、多少の不快感だけで済んでます。

また別記事でも書きたいくらい、僕は恐ろしいほどの潔癖症でした。死にたくなるくらいの。

なんでシャワー浴びれてないかっていうと、タオルがなかったからです。そして昨日はタオルを買えたものの、日曜日は入浴なしだし、あったとしても午前中しかシャワー浴びれないので。

この午前中しかシャワー浴びれないっていうのが困る。しかもここ男女混合病棟だから男性が入った後に女性が入るか、女性が入った後に男性が入るか、日によってまちまちらしいのですが、とにかく交代制なんですよ。

しかも時刻を教えてくれるわけでもないから、常に浴室前の看板をチェックして男性の番になったかどうか確認してから入らなければならない。

幸い、僕の部屋の斜め前に浴室があり、かなり近いのでチェックしに行くのは楽です。(いやでもなんでいちいちチェックしに行かなきゃならないんだ。「何時からは男性」とか時間決めといてくれよ)

というわけでやっとこの後シャワー浴びれます。昨日はウエットティッシュで拭いてなんとか凌ぎましたが。

ちょっと遠いんですが近くに銭湯もあるので、どうしても湯船に浸かりたいって時はそこに行くのもありかもしれませんね、確か440円で安かったですし。

この病院ではシャワーだけしか浴びれないわけではなくて、週に2回湯船に浸かることもできるらしいです。浴室は1つしかないのに、シャワーの日と湯船に浸かれる日が区別されてるのがどういうわけなのかまだわからない…

入院可能な病院は午前中診察しかやってないところばかり…?

今までの経験上、入院できる病院って診察の時間は午前中しかなかったです。

以前母親にもそのこと話したら、午後は入院してる患者さんのほうに注力しなきゃいけないからじゃないかと言ってて、あぁなるほどと思いました。確かにこの病院も午前中しか診察やってません。

それはそうとして、じゃあなんで午前中にしか風呂入れないんだろう。あれか、午前中は診察で忙しいからその間に入ってくれってことか。風呂掃除の時間は診察時間以外でやらなきゃいけないもんね。

それにしたって入浴のチャンスが午前中の1時間か2時間かそこらくらいの短さってのは困りますよ。

ずっと病院に宿泊しているとここが宿泊施設かなにかと勘違いしてしまうからダメですね。ここはあくまでも病気を治療する場所であって、お客様をおもてなしする宿泊施設じゃないですもんね。

…!!

今これを書いてたら看護師さんが、「わかめさーん、シャワーよかったらどうぞ(^^♪」って言いに来てくれた!

やっぱりめっちゃええ病院やん…

もしかして髪ベタベタだからシャワー浴びるのに躊躇してるのがバレたか…?

本当にこの病院は居心地がいい

今までずっと愚痴を並べたかのような感じですが、正直言うと全然不満はありません。別に今優しくしてもらったから気が変わったわけではありません(笑)

看護師さんが全員いい人たちなんですよね。

なんかこう、なんて言うんでしょう、ここ一応閉鎖病棟だから入り口も二重扉になってて、金属探知機も置いてて、入館時には厳密な荷物チェックも行われて、さながら刑務所を連想してしまいがちだから、僕自身も「なんか囚人みたいだな」とか思ってましたからね、だからそういう思いをさせないように、あくまで患者様第一で、という姿勢が看護師さんたちの振る舞いにあらわれてる気がします。

しかし相変わらず僕に対しては看護師さん皆敬語ですが、手を焼いている患者さんに対してはタメ口で煩わしそうにしてますね。

でも見てれば気持ちもよくわかります、というかどうしてもそういう対応になるのもわかります。

だって用もないのにナースコール押しまくってる患者さんが隣にいるし、なるべくオブラートに包んで「用がない時は押さないでね」って言ってて対応が大変そうだなぁと思って声聞いてるし。

看護師さんたちには感謝してるからなるべく誠実に明るく振る舞うよう努力してます。本当にありがたいですもの。

シャワー浴びるよう勧められたので入ってきます。

1+
ブログランキング参加中です!クリックしてもらえるとありがたいです!
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました