スポンサーリンク

僕の過敏性腸症候群は特殊なのか

この記事は約3分で読めます。

これを見ていらっしゃるあなたは過敏性腸症候群でしょうか。

つらいですよね、過敏性腸症候群。

しかし、あなたの場合はどのようにつらいでしょうか?

よく聞くのは腹痛や下痢に困らされるという話ですが、僕はそういったことにはそれほど悩まされてはいません。

僕が苦しいのはやっぱり自律神経がおかしくなるというか、気分が悪くなり、憂鬱になり、何とも言えない苦しみに苛まれることです。(背中の痛みとか気分の悪さもあるんですが、これ含め自律神経のおかしさが常に続くのは今までのうつ病にはなかったことなので、うつ病とは違うだろうな、と)

だから外出先でもトイレを気にして思うように行動できないなんてことはほとんどありません。

というかもっと言えばそもそも僕は過敏性腸症候群なのかどうかもよくわかってません。色んな検査をしても一切異常が発見されなくて、周りに回った最後の内科で「多分それは過敏性腸症候群だと思うんですけどねぇ…」どういう風に言われたに過ぎないので。

ただ、後で特徴を調べてみると確かにそれ以外ありえないよなぁという感じで、それ以来、自分は過敏性腸症候群なんだと信じて、色んな情報を得て、低FODMAP食にもたどり着いたわけです。

レントゲン撮ってもエコー検査しても胃カメラ飲んでも全く異常なし、なのに腹痛や下痢や膨満感とか、そういったものに苛まれる。過敏性腸症候群と見て間違いないと思います。

僕なんかまだ1年ですけど、10年近く悩まされてる人もいるらしいですね、Twitterで何人か見かけましたが。

低FODMAP食も試してみたけど、いまいち効いたのやら効いてないのやら…

でも過敏性腸症候群に悩まされるおかげで、食事にも気をつけようと思えましたし、生活習慣も正していかなければと思うようにもなりました。

過敏性腸症候群があればこそ、頑張る原動力にはなっています。

ただでさえ鬱病に苦しんでいたのに、そこにプラスアルファですからね、しかも全然軽い病気じゃない……。

でも、入院を経験してから随分体調は良くなりましたよ。うつ病には効果てきめんでした。希死念慮はほぼなくなりました。

ただ、過敏性腸症候群には正直効果はなかったと思います、入院中も何度も下痢しましたし1日に5回以上は便を出してました。

退院してからは便の数も普通になりましたしね。入院してる時の方が過敏性腸症候群が悪化するなんて…

一番つらいのが、何気にゲップかもしれません。一度出始めると止まりません。恐ろしいほどのゲップ量、そしてその質の悪さ(?)。

明らかに普通のゲップ(空気を飲み込んでしまった時のゲップ)とは全然違います。

気持ち悪いのが細かく何度も何度も出てくる感じです。

僕は歌い手やナレーションなども挑戦して行きたくて、声を使って色々と活動していきたいんです。でもそれがこのゲップのせいで叶わない。

でも、こういう自己実現欲求みたいな要望を病院の先生に言っても実現させてくれようとはしないんですね。最低限の健康を目指すことが、医者の仕事ですし。

本当に仕事で声優とか歌手とかやってるなら別だとは思いますよ、でも趣味ですからね…

趣味のために尽力してくれるお医者さんはいないでしょう。

でも趣味こそが生きがいであり、趣味ができないなら生きている意味がないとさえ言えるんですよ。

どうすれば過敏性腸症候群をもっと抑えて寛解を目指せるのか、これからも頑張ります。

0
ブログランキング参加中です!クリックしてもらえるとありがたいです!
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました