スポンサーリンク

うつ病はウイルスが持つ遺伝子が関与…?

この記事は約3分で読めます。

この記事を読みました。少し目から鱗というか、うつ病の発症は内的要因だけではなかったのかなぁと、少し意外な感じがしましたね。

これって皆さんどう思われますか?

僕はなんとなくうつ病の発症が、ストレスなどの内的要因だけで発症してるもんだと思ってましたけど、でも実はウイルスによるものでもあるのだという視点は、僕にとってはちょっと新鮮です。

ウイルスも要因の一つなのだとすれば、うつ病についてよく言われるような「うつ病にかかるのは弱いとか強いではない、誰でも発症する可能性がある」という言説も説得力を帯びてきます。弱いからうつ病になるんだ(強い人間はうつ病にかからない)というわけではないということも言えてきますよね。

でも少し腑に落ちなくなってくるのは僕だけでしょうか。

僕は、普通の人とは違う、とんでもなく凄まじい苦労をしたからうつ病を発症したんだとも思ってましたし、もちろんそれだって要因としては大きいと思います。

でもウイルスが原因として大きいのだとしたら…。

すごい苦労をしたからうつ病を発症したんだという、ある意味自分の中での誇りみたいなものが、ちょっと崩れ去っていってしまうような、そんな感じ。

なんか無駄な病気に感じません?

僕は過去にも書きましたが、うつ病の発症はある意味自己防衛でもあるのかなと思ってたんです。

「うつ病の発症」は支配者に対して有効な反撃手段
うつ病患者を見ると、周りの人はだいたい「わがままになった」「病気の治療というのはわかるが、なんであいつのわがままを通さないといけないんだ」「あいつが弱いだけだろ、なんでこっちが合わせないといけないんだ」と思うかもしれません。今まで自由闊...

まぁでもそういう考え方っていうのは、僕が勝手に思い込んでいることでもありますし、哲学とか信仰みたいなもので。

本当に勝手な思い込みなんですけどね。でもそう考えたほうが都合が良いっていうことです。うつ病を発症することで今まで自分を苦しめてきた人に対して反抗できる。自己防衛できる。そう考えた方が得だなって思うからですね。

そして実際そうだと思いますよ。

んで、そういう僕の哲学に対して、ウイルスが原因なんてことになってしまうと、僕の考えと少し逆行してしまうなということです。

まぁそれはさておき、うつ病の原因の一つとしてウイルスが挙げられるのだとしたら、大変喜ばしいことでもあると思います。

なぜなら効果的な治療薬が開発される可能性が高まるからです。多分。

ウイルスという目に見える原因を特定できるわけですからね。

でも本当にうつ病はウイルスが原因だったとしてもですよ、そのウイルスによって(他の人と違って不当に)苦しんだ経験って、財産としては大きいですよね。

あの死ぬことしか考えられなかった精神状態。そりゃもう地獄でしたけど、本当に経験して良かったと僕は思ってます。

うつ病なんかならないに越したことはないっていう人もいますけどね。

これから先、うつ病をほぼ駆逐できて、ほとんどの人はもううつ病に苦しまなくて済む、薬で簡単に治療できるようになる、そんな日が来るでしょうか。

それとも例えば癌のように、うつ病は逃れることのできない宿命のような病気でしょうか。

うつ病って本当にあまりにも悲惨すぎませんか?

みんなは就職や結婚をして、働き盛りの年齢でキャリアアップして社会で活躍する中、自分だけが取り残され、下手したら10年以上も貴重な若い時期を無駄にすることになる。

自分だけが置いていかれる。

そしてなかなか苦しみが理解されない。家族との衝突だって何度あったことか。

もしもうつ病の原因となるウイルスのようなものが見つかって、それによって効果的な治療法が確立されるなら、こんなにありがたい話はないですね。もう「うつ病は甘え」とは言わせない。

問診ではなく、検査でしっかりと病根を特定できる、そうなって欲しいものです。

0
ブログランキング参加中です!クリックしてもらえるとありがたいです!
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました