スポンサーリンク

【時間革命】自己実現の時間はこじ開けて作るもの。何かをやらないようにすれば自動で時間が生まれるものではない

思想哲学・思索
この記事は約3分で読めます。

とにかく現代人は忙しい。

勉強したい、そう思っても、仕事と両立して勉強は本当に難しい。とにかく時間がない。

じゃあ時間さえあれば勉強できるでしょうか。

それはそれでまた違ってきます。

僕は、時間がないことを理由に勉強できない人は時間があっても勉強できないと思っています。

我々は時間を使う時、いちいち「何分から何分まで」と決めて行動することはほとんど少ないです。

大抵は、始まった時間も終わった時間もわからず、とにかくまんべんなく作業をしたり遊んだりして、気づいたら何分何時間経ってたというのが普通のことです。

客観的に見てどれだけ忙しい人でも、はたまた無職でどれだけ時間が有り余っているような人でも、常に何かに時間を消費しているのであれば、どちらも時間ないんです。

時間というものは、こじ開けて作るべきものなんです。

1日に5分や10分くらい何もしない、空いた時間くらいあるだろうと思いますが、ないんですよね。

何故なら、常に何かをしていることによって、時間をぴっちりと埋めてしまってるからです。

物理で例えるなら、真空はすぐに空気で埋められ、真空は事実上存在しないのと似ています。

だから、どれだけ客観的に見てゆとりがあるように見える人でさえ、驚くべきことに、時間がないのです。

であるからして、逆に言えばどれだけ忙しい人でも、原理は同じです。

誰だって時間がないことには変わりがないんです。

だから、とにかく時間をこじ開けて作るしかない。

どれだけ忙しくても、とにかく5分でいいから、時間をこじ開ける。そこで有意義な時間を作って、自己開発に取り組む、と。

我々はどれだけ忙しくてもやろうと思えば時間を作ることはできます。ただなんとなく無理だろうと、今の忙しさでは無理だと、諦めてしまっているだけです。

例えば僕なんかで言えばSNSをチェックしたりする時間、本当なら30分で終わるところを、1時間かけてしまったりしている。

やる時間をきっちり決めていかないと、人は、“建設的ではない方の時間”の使い方を薄く長く伸ばしてしまうんですよね。

簡単に言えば、ダラダラとやってしまうということです。

それで実は結構な時間を無駄にしている。

ですから、毎日これはこの時間だけは絶対やると決めて、しっかりと挑戦していくことが大事です。

そして、それが成功しようと失敗しようと、一喜一憂しないことがとても大切です。

とにかく毎日毎日挑戦、毎日毎日勝負です。

時間をこじ開けて、とにかくここの5分は新聞を読もうとか、この1時間はなんとしても勉強しようとか、本来埋まってた予定の隙間をこじ開けて自己実現の時間を作るんですよ。これ言いたいことわかりますかね?

元から空いてた時間にやるべきことの時間を埋めていくんじゃないんですよ。

それが、時間に追われて何もできないまま歳月を浪費してしまう原因です。そこの発想が間違ってます。

よって我々は、とにかく積極的に時間を作りにかかりましょう。1歩でもいい、1分でもいいんです。とにかく時間をこじ開けて前へ、前へ。

僕の信ずる経典の一節、

いかなる事ありとも・すこしもたゆむ事なかれ、いよいよ・ はりあげてせむべし

人生を無為に過ごして後悔しないためにも、いよいよ声を張り上げるように、果敢に挑戦していきましょう。

今の1分1秒が、未来を変えます。

2+
ブログランキング参加中です!クリックしてもらえるとありがたいです!
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました