スポンサーリンク

ものすごく怒りっぽくなって家出まで決意した話

この記事は約3分で読めます。

最近異常に怒りっぽくなりました。

今、10月22日の基本情報技術者試験に向けて勉強中なんですけど、1週間から2週間ほど前に父親から「最近勉強どうや?わかってきたか?」みたいなことを聞かれて、色々とああだこうだと返事したんですが、正直勉強全然できてなかったんで反省したんですよ。

父親は直球で「勉強できてないな」などと言うのも悪いかと思ったようで、遠回しに指摘してくれたみたいです。優しい!

そしてこれが、純粋にまた勉強しようと思えたため、大変ありがたかったので、なんとかお礼を言おうとして、数日後に『あの時はありがとう、また勉強やろうと思えた』って伝えたら、

「あぁ、うん、最近怠けてるなと思ったからな」と言われて、一転、今度はこれが大変頭に来ましてですね…

今思うと別に大したことじゃないし、事実だし、遠回しに指摘してくれたわけだし、全然いいんですが、この時は何故かめちゃくちゃ頭に来まして。

お礼なんか言わなきゃよかった!と思ったんですよね。お礼さえ言わなきゃやる気が出たままで気分良く終われたのに!

それでこの事をまたその後に母親に伝えたら、なんて言われたんだっけな…なんか適当な返しに感じたんですよね。それでさらに腹が立って。

この時腹立ち過ぎて(あと味方がいなさすぎて)マジで家出してやろうと思ったんですよ。アラサーにもなって家出とはなんだ!(っ´・ω・)≡⊃)3゚)∵と思うんですけど、まぁ実際実家暮らしなのは事実ですし、うつ病のせいで一人暮らしもできないし。

だから何日間か何週間か家出してやれば僕のこのいてもたってもいられない苛立ちも伝わるかなーとか思って。何より家族と離れたら自分が苛立たずに済みますからね。

それで即座に飲み物とかリュックに詰めて安いネカフェを検索し始めたんですけどね、そしたら「へぇこんなネカフェあるんだー」とか面白くなってきまして、ワクワク感が募ってきたあたりで、一気に怒りが冷めてきまして。

はぁ、なんでこんなことで怒ったんだろう、いや腹が立ったのは事実だし、それはいい、いいけど、でもこんなことしても虚しいだけだ、金もかかるし絶対家にいた方がいい、と思い直しまして。面倒は起こさないでおこうと思ったというか。

まぁ何よりうつ病なんで、ネカフェなんか泊まっても症状が出てしまうとすごく困るので怖くてやめたってのもあります。

長くなっちゃいましたけどそんな精神的な経験をしまして、後に母親にだけはこの内面的経験を話しまして、絶対家出せんといて!寂しいから!って言われて嬉しかったんですけど、まぁでもそのうちするかもしれませんね。

やっぱり家族と住むのはしんどいです。早く家出たいですわ。

んで、それ以外にも細かいことでいちいちめちゃくちゃ頭にくるんで、これはちょっと異常だなと思って3日前にちょうど診察だったんで主治医の先生に怒りっぽくなってるのを相談したら、デパケンRという薬を新たに処方していただきました。

僕は一応、躁うつ病、つまり双極性障害の診断は受けてまして、双極性障害の症状にも怒りっぽくなるのはあるそうです。易怒性というらしいです。

また薬が増えました(´・ω・`)

この薬がどうかと言うと、よくわかりません、今日もめちゃくちゃ頭にきましたし、全然改善はされてません。

ただとにかくこの怒りは異常ですね、ここまで腹が立つのは今までの人生でもなかったと思います。

母親に「わかりました」って敬語で言われるだけで『あぁどうでもいいんだな』と思って腹が立つし。あぁいやこれで腹立つのは前からあったか…(多分どうでもいいわけじゃないしそういう言い方になってしまうだけなんだと思う)

頭抱えますね。こんなこと誰にも相談できないんですよね、バカバカしすぎて。腹立つから相談したのに返答でまた腹立つんじゃ、相談の意味がないですしね(^ω^;)

もしかしたらこういうのは家族だから腹が立つのかもしれない、他人から言われても諦めがつくけど、家族だからこそ腹が立つのかも。

とりあえずデパケンRの効果はまた報告できればなと思います。あぁ今日まだ飲んでなかった。

1+
ブログランキング参加中です!クリックしてもらえるとありがたいです!
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました